2024年度 第54回明治維新史学会大会の案内および参加フォーム記入のお願い

明治維新史学会会員の皆様

昨年度同様、第54回大会も「対面式」にて開催いたします。
そして、懇親会も再開します。
当日はぜひ会場の武蔵野大学・有明キャンパスにお集まりください。

なお、会員に限りますが、ご来場いただけない方は「公開講演・研究報告」をオンラインで視聴することができます。
質疑参加が可能な双方向配信ではありませんが、大会の様子をご覧いただくことは可能ですので、必要な方はご利用ください(非会員は対面での参加のみ可能)。

大会準備の都合上、事前に参加形態(対面式/オンライン)・懇親会の出欠についてお知らせください。
ご参加の方は、下記参加フォームに記入のうえご回答ください。

https://forms.gle/weiNYQ6ACespEVu46

回答締め切り:6月1日(土)

どうぞよろしくお願いいたします。

※事前にお申込みいただかなくても、ご来場いただければ大会に参加可能です。

                      明治維新史学会大会運営委員会

【期日】2024年6月8日(土)・9日(日)
【会場】武蔵野大学・有明キャンパス 5号館 3階 5-301講義室
   (東京都江東区有明3丁目3番3号)

【開催形式】対面式

・第1日目 6月8日(土)
【総 会】13時30分~
【公開講演】14時30分~16時
三谷博氏     
 明治維新研究への提言―世界比較と問題群―

【研究報告】16時10分~17時30分                       
①上村香乃氏   
 嘉永・安政期の京都と幕府支配体制に関する一考察―京都警衛を素材に

【懇親会】18時~ 会費:6,000円
 ロハスカフェARIAKE(武蔵野大学有明キャンパス) 

・第2日目 6月9日(日)
【研究報告②】10:30~11:50
 大沼大晟氏
 幕長戦争期の藩領「境目」における地域社会と藩権力 
  ―広島藩領安芸国佐伯郡を事例に―  

【研究報告③】13:00~14:20
 今村直樹氏
 旧藩主家の西南戦争―細川護久を事例に―

【研究報告④】14:30~15:50
 高岡萌氏
 明治中後期における大名華族家の中等教育機関経営と旧制中学校政策 
  ―佐賀県を事例に―
 
【研究報告⑤】16:00~17:20
 西澤直子氏
 小幡篤次郎の歴史認識と近代社会構想

※研究報告では非会員の方からは資料代として300円をいただきます。ご了承ください。

例会のご案内(2024年5月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2024年5月 12 11 日(土)14:00〜18:00(予定) 日付が間違っていました。すみません。

会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会

報告

・上村香乃氏

「嘉永・安政期の京都と幕府支配体制に関する一考察ー京都警衛を素材にー」

・高岡萌氏

「明治中後期における大名華族の中等教育機関経営と旧制中学校政策ー佐賀県を事例にー(仮」

【参加方法】

・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。

 ※新規会員の方は、今年度の年会費をお支払い済みであることが条件となります。

・参加をご希望される会員の方は、5月9日(木)までに下記のリンクよりGoogleフォームにアクセスし、必要事項をご記入のうえご送信ください。

明治維新史学会例会(2024年5月・大会準備報告) (google.com)

※12日当日の正午頃までに、ご連絡いただいたメールアドレスへzoomミーティングのURLと報告レジュメのダウンロードURLをご連絡致します。

・なお、研究会中は、不正参加を防止するため、ビデオオフを禁止とします。悪しからずご了承ください。

                                                                                         以 上

2024年度 第54回明治維新史学会総会・大会の案内

明治維新史学会では以下のとおり、対面式で総会・大会を開催いたします。
懇親会も再開いたします。
多くの方の参加をお待ちしております。

【期日】2024年6月8日(土)・9日(日)
【会場】武蔵野大学・有明キャンパス 5―301講義室(確定)
   (東京都江東区有明3丁目3番3号)

【開催形式】対面式

・第1日目 6月8日(土)
【総 会】13時30分~
【公開講演】14時30分~16時
三谷博氏     
 明治維新研究への提言 ―世界比較と問題群―

【研究報告】16時10分~17時30分                       
①上村香乃氏
 嘉永・安政期の京都と幕府支配体制に関する一考察 ―京都警衛を素材に― 
        
【懇親会】18時~
 ロハスカフェARIAKE(武蔵野大学有明キャンパス)

・第2日目 6月9日(日)
【研究報告②】10:30~11:50
 大沼大晟氏
 幕長戦争期の藩領「境目」における地域社会と藩権力 
  ―広島藩領安芸国佐伯郡を事例に―  

【研究報告③】13:00~14:20
 今村直樹氏
 旧藩主家の西南戦争―細川護久を事例に―

【研究報告④】14:30~15:50
 高岡萌氏
 明治中後期における大名華族家の中等教育機関経営と旧制中学校政策 
  ―佐賀県を事例に―
 
【研究報告⑤】16:00~17:20
 西澤直子氏
 小幡篤次郎の歴史認識と近代社会構想

※研究報告では非会員の方からは資料代として300円をいただきます。ご了承ください。

例会のご案内(2024年4月)

例会を下記のとおり開催いたします。

なお、今回の例会は、明治維新史学会第54回大会に向けた準備報告会です。

          記

日時 2024年4月13日(土)14:00〜18:00(予定)

会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会(大会準備報告会)

報告

・今村直樹氏

「旧藩主家の西南戦争―細川護久を事例に―(仮)」

・西澤直子氏

「小幡篤次郎の歴史認識と近代社会構想」

【参加方法】

・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。

 ※新規会員の方は、今年度の年会費をお支払い済みであることが条件となります。

・参加をご希望される会員の方は、4月11日(木)までに下記のリンクよりGoogleフォームにアクセスし、必要事項をご記入のうえご送信ください。

https://forms.gle/e6GdWDxBTY2bpoJfA

 ※13日当日の正午頃までに、ご連絡いただいたメールアドレスへzoomミーティングのURLと報告レジュメのダウンロードURLをご連絡致します。

・なお、研究会中は、不正参加を防止するため、ビデオオフを禁止とします。悪しからずご了承ください。

以 上

例会のご案内(2024年3月)

例会を下記のとおり開催いたします。なお、今回の例会は、明治維新史学会第54回大会に向けた準備報告会です。

日時 2024年3月9日(土)15:00〜18:00(予定)

(追記)15:00開始に訂正しました(2/23)。

会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会(大会準備報告会)

報告

・大沼大晟氏「幕長戦争期の藩領「境目」における地域社会と藩権力 ―広島藩領安芸国佐伯郡を事例に―」

【参加方法】

・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。

 ※新規会員の方は、今年度の年会費をお支払い済みであることが条件となります。

・参加をご希望される会員の方は、3月7日(木)までに下記のリンクよりGoogleフォームにアクセスし、必要事項をご記入のうえご送信ください。

https://forms.gle/cYXBJmYSJB2MhKfp6

※9日当日の正午頃までに、ご連絡いただいたメールアドレスへzoomミーティングのURLと報告レジュメのダウンロードURLをご連絡致します。

・なお、研究会中は、不正参加を防止するため、ビデオオフを禁止とします。悪しからずご了承ください。

                                                                                         以 上

『明治維新史研究』〆切延長につきご連絡

来年度発刊予定の『明治維新史研究』24号に掲載します投稿論文、研究ノートの締め切りは2024年1月31日でありましたが、2024年3月1日に延期変更いたします。会員の皆様、奮ってご投稿ください。

投稿先 〒603-8555  京都市北区上賀茂本山京都産業大学第2研究室棟505研究室 笹部昌利 宛て

投稿される前に、メールにて予告をいただけましたら、幸甚です。

メールアドレスはbebe1023@cc.kyoto-su.ac.jpです。

◎投稿規定

1 投稿資格としては、会員であることが必要です。

2 原稿は400字詰に換算して次の枚数とします(文字数カウントではなく、印字したレイアウトによります)。

論文    60枚程度

研究ノート 40~60枚

史料紹介  40枚以内

書評    20枚以内

新刊紹介  10枚以内

*図・表・注などは右の枚数に含みます。図・表などはB5判1頁分を4枚と換算します。

3 右記以外の原稿でも、編集委員会が適当と判断したものは受理します。編集委員会で検討して掲載の可否を決定し、通知します。

4 原稿は、会誌のレイアウトに合わせた32字×25行×2段、または40字×30行で設定し、A4判に印字してください。

5 注は(1)(2)……のように通し番号を付して、文章末に一括して記載してください。

6 写真(モノクロ)の掲載も可能です。原則5点以内とします。

7 図・表・写真などは、おおまかな掲載場所を指定してください。できるだけ掲載原版に使用できるものを添えてください。

8 投稿原稿は原則として1月末までにお送りください。編集委員会の責任において査読し、結果を通知いたします。今回に限り、2024年3月1日といたします。

9 掲載論文の転載は、掲載後1年間は見合わせてください。

10 論文などには八〇〇字程度の要旨を付してください。原稿はプリントアウト(コピー)したもの三部を送付するとともに、原稿のデジタルデータを、bebe1023@cc.kyoto-su.ac.jpまでメール添付で送ってください。なお、原稿は原則として返却いたしませんので、ご了承ください。送付先は、最新の会誌または会報に掲載されている投稿規定をご参照ください。

例会のご案内(2024年1月)

例会を下記のとおり開催します。

なお、今回の例会は、明治維新史学会編の論集第3巻の刊行に向けた準備報告会です。

日時 2024年1月13日(土)14:00〜18:00(予定)

会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会(論集第3巻準備報告会)

報告

・小林紀子氏

「明治初年 武州金沢藩(六浦藩)の藩政改革―目付日記の分析を中心に」

・吉岡拓氏

「山城国およびその周辺の『郷士』について」

【参加方法】

・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。

 ※新規会員の方は、今年度の年会費をお支払い済みであることが条件となります。

・参加をご希望される会員の方は、1月11日(木)までに下記のリンクよりGoogleフォームにアクセスし、必要事項をご記入のうえご送信ください。

https://forms.gle/CisTZysSszpK9n9X8

※13日当日の正午頃までに、ご連絡いただいたメールアドレスへzoomミーティングのURLと報告レジュメのダウンロードURLをご連絡致します。

・なお、研究会中は、不正参加を防止するため、ビデオオフを禁止とします。悪しからずご了承ください。

                                                                               以上

イベントのご案内(2023年12月)

福島県双葉郡富岡町は12月2日14時から、町文化交流センターで図書館文化講演会「幕末の将軍上洛と錦絵―観る・描く・祝う」を開催します。講師は大東文化大学の久住真也さん。徳川家茂の上洛・参内160年の節目の今年、国事の将軍として混迷する政局に対峙した家茂がどのように錦絵に描かれたのか。家茂の上洛は幕末政局にとってどのような意味を持つのか、迫ります。当日は多数の錦絵も展示します。入場無料。問い合わせ・参加申し込みは富岡町図書館へ(文化講演会「幕末の将軍上洛と錦絵―観る・描く・祝う」を開催します(12月2日)|富岡町図書館 (manamori.jp)

例会のご案内(2023年12月)

例会を下記のとおり開催いたします。

なお、今回の例会は、明治維新史学会編の論集第3巻の刊行に向けた準備報告会です。

日時 2023年12月9日(土)14:00〜18:00(予定)

会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会(論集第3巻準備報告会)

報告

・天野 真志 氏

「政治議論の地域的展開—戊辰戦争前後の秋田藩と学問交流—」(仮)

・池田 勇太 氏

「予期された廃藩置県とその想定外」

【参加方法】

・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。

 ※新規会員の方は、今年度の年会費をお支払い済みであることが条件となります。

・参加をご希望される会員の方は、12月7 日(木)までに下記のリンクよりGoogleフォームにアクセスし、必要事項をご記入のうえご送信ください。

https://forms.gle/KNt15LnJZYuYy6w96

※9 日当日の正午頃までに、ご連絡いただいたメールアドレスへzoomミーティングのURLと報告レジュメのダウンロードURLをご連絡致します。

・なお、研究会中は、不正参加を防止するため、ビデオオフを禁止とします。悪しからずご了承ください。

以 上

例会のご案内(2023年11月)

例会を下記のとおり開催いたします。

なお、今回の例会は、明治維新史学会編の論集第3巻の刊行に向けた準備報告会です。

日時 2023年11月11日(土)14:00〜18:00(予定)

会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会(論集第3巻準備報告会)

報告

・内山一幸氏

「大名華族の政治構想―島津久光たちを中心に―」(仮)

・東野将伸氏

「幕末維新期の地域経済と領主―畿内・近国地域を中心に―」

【参加方法】

・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。

※新規会員の方は、今年度の年会費をお支払い済みであることが条件となります。

・参加をご希望される会員の方は、11月9日(木)までに下記のリンクよりGoogleフォームにアクセスし、必要事項をご記入のうえご送信ください。

https://forms.gle/SSXf19asqx1q9dGLA

※11日当日の正午頃までに、ご連絡いただいたメールアドレスへzoomミーティングのURLと報告レジュメのダウンロードURLをご連絡致します。

・なお、研究会中は、不正参加を防止するため、ビデオオフを禁止とします。悪しからずご了承ください。

以  上