例会のご案内(2017年4月)

例会を下記のとおり開催いたします。

 

日時 2017年4月8日(土)14:00~

会場 明治大学駿河台キャンパス・研究棟4階第3会議室

報告 工藤憲一郎氏

  「維新期の政治社会における「藩屏」概念をめぐる認識について」

   柏原洋太氏

  「「職員令」体制下における行政組織の運用について留守官を事例に」

資料代 200円(当日会場にて申し受けます)

以 上

 

 

【論集編集委員会より会員向け割引販売のお知らせ】

昨年9月に刊行しました、明治維新史学会編『幕末維新の政治と人物』(明治維新史論集1)を、出版元である有志舎より会員限定にて、定価4,752円(税込)のところを4,200円(税・送料込)で販売致します。

〈お申し込み要項〉
割引販売期間:2017年6月30日まで(当日、メール到着分まで)
お申し込み方法:メールのみ

以下の情報を必ずご記入のうえ、「お申し込みメール送信先」アドレスまでメールでお申し込み下さい。受信したメールには必ず有志舎より返信がありますので、もし返信がない場合はエラーとなっている可能性があります。もう一度、送信先アドレスをご確認のうえ、再送をお願います。

1)書目:『幕末維新の政治と人物』
2)お名前:
3)商品送付先の郵便番号・ご住所:
4)お電話番号:
5)メールアドレス:
※有志舎からの送品はヤマト運輸のメール便で行われ、ポストに投函されますが、ポストに荷物が入らなかった場合は不在連絡票が投函されるはずです。
※商品には請求書・郵便振込用紙が同封されますので、到着後一週間以内に代金をお振り込み下さい。

〈お申し込みメール送信先〉
(有)有 志 舎   担当:永滝 稔
メールアドレス  yushisha2005@gmail.com

例会のご案内(2017年3月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 3月11日(土)15時から

会場 明治大学駿河台キャンパス・研究棟4階第3会議室

報告 笹川知樹氏

「明治前期における小学校の展開」(仮)

参考文献:坂本紀子『明治前期の小学校と地域社会』(梓出版社、2003年2月)

資料代 100円(当日会場にて申し受けます)

以 上

例会のご案内(2017年1月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2017年1月14日(土)15時から

会場 明治大学駿河台キャンパス・研究棟4階第2会議室

報告 工藤憲一郎氏

「藩」の公称化の思想的意義に関する一考察

資料代 100円(当日会場にて申し受けます)

以 上

例会のご案内(2016年12月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 12月10日(土)15時~
会場 明治大学駿河台キャンパス研究棟2階第8会議室
報告 岩本和恵氏
「幕末維新期における政治理念と「学術」観の形成――盛岡藩「御国益」策と大島高任を一例として」
資料代 100円(当日会場にて申し受けます)

以 上

2017年明治維新史学会第47回大会報告者募集のお知らせ

【期 日】2017年6月3日(土)4日(日)

※例年と開催日程が異なりますのでご注意ください。

【会 場】立教大学池袋キャンパス

【内 容】公開講演、研究報告5名程度

報告を希望される方は、2017年1月末日までに、報告タイトル及び報告要旨(800~1000字)を下記アドレスに送付し、エントリーして下さい。人数に限りがありますので希望者が多い場合は大会運営委員会で検討のうえ採択の可否を連絡いたします。なお、非会員の方は、エントリー前に入会手続きをおとり下さるようお願いいたします。

【送付先】大会運営委員長 岸本覚(鳥取大学地域学部)

メールアドレス kishimoto@rs.tottori-u.ac.jp

例会のご案内(2016年11月)

例会を下記のとおり開催いたします。

 

日時 2016年11月12日(土)14:00~

会場 明治大学駿河台キャンパス・研究棟3階第10会議室

報告 袁甲幸氏「明治初期の府県庁舎営繕」

    山下春菜氏「江藤新作と民権運動ー「国事犯関係者」の政治活動を中心にー」

資料代 200円(当日会場にて申し受けます)

以上

例会のご案内(2016年10月)

例会を下記のとおり開催いたします。

 

日時 2016年10月8日(土)15:00~

会場 明治大学駿河台キャンパス・研究棟4階第2会議室

報告 柏原洋太氏「明治初年における留守官の機能について」

資料代 100円(当日会場にて申し受けます)

以上

例会のご案内(2016年9月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2016年9月10日(土)15:00~

会場 明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー8階1084教室

報告 淺井良亮氏「京都人の明治維新 ―大名留守居役から公家家扶へ― 」

【参考文献】

『「久世家文書」研究会調査報告書』自家版、2006

淺井良亮(青山忠正と共著)「新発田藩京都留守居寺田家と旧蔵文書」(『歴史学部論集』4 号、2014)

淺井良亮「京都留守居研究覚書」(『佛教大学大学院紀要 文学研究科篇』44号、2016)

資料代 100円(当日、会場にて申し受けます)

以 上

『講座明治維新』第11巻:2016年3月30日刊:有志舎

講座 明治維新 11

明治維新の宗教・文化

明治維新史学会 編
A5判、276ページ
発行所 有志舎
定価 3,570円(税込)
ISBN978-4-908672-02-6

総論 明治維新と宗教・文化        高木博志
1 「古物(古器旧物)」から「文化財」へ    久留島浩
2 新聞と輿論の形成           土屋礼子
3 歴史画の成立             高階絵里加
4 国家神道の形成と靖国神社・軍人勅諭   島薗 進
5 近代の宮中儀礼            ジョン・ブリーン
6 公教育とキリスト教界          田中智子
7 維新期の東西本願寺をめぐって     谷川 穣