明治維新史学会 の紹介

本会は、「明治維新および関連事項に対する研究の発展と普及をはかり、あわせて、その研究者相互の協力の促進を目的」(規約第3条)とする、日本学術会議協力学術研究団体です。  1980年5月、原口清・毛利敏彦・田村貞雄・千田稔・松崎彰の5人が打合せを行い、会の設立を広く全国に呼びかけることによって、同年11月、「廃藩置県研究会」が発足しました。1982年5月の総会にて「明治維新史学会」と改称し、現在に至っています。  この間、本会は「視野は広く理論性は高く、現実にはきびしく、かつ精細な実証的精神で、若い力をこの学会に結集し、大いなる学問的発展」(田中彰「会長就任にあたって」『明治維新史学会報』第14号、1989年)を目指してきました。そして、学閥・年齢・肩書きなどにこだわらず、おおらかな雰囲気のもとで会を運営し、大会や研究例会の開催、会報・会誌・論文集などの発行を行ってきました。本会の活動には、若手研究者の参加が多いことが、大きな特徴となっています。 【年間活動】 ・総会・大会の開催(6月) ・秋期大会の開催(10月もしくは11月) ・研究例会の開催(年9回程度) ・『会報 明治維新史学会だより』の発行(年2回) ・『明治維新史研究』の発行(年1回) ・ホームページの運用 会員数は402名(2011年1月31日現在)、年会費3,000円。入会に制限はありません。

【重要】2020年度明治維新史学会創立40周年記念大会延期のお知らせ

来る6月13日・14日、立教大学池袋キャンパスにおいて、以下の通り明治維新史学会創立40周年記念大会を予定しておりました。
しかし、今般の新型コロナウイルス感染者増加の状況下、大会参加者の安全を第一に考えた結果、大会は延期することにいたします。
会員の皆様、大会報告者の皆様、大会参加予定の皆様には大変ご迷惑おかけしますことをお詫び申し上げます。
何とぞご理解・ご了承いただけますようお願い申し上げます。

なお、総会および大会の新日程等については、決定次第発表する予定です。

**********************************
≪※コロナウイルス感染防止の観点から延期します≫

明治維新史学会創立40周年記念大会

第1日目
【記念講演】
《学会40年の歩み ―明治維新史学会の果たした役割―》
学会の歩みの概要  木村直也氏
【記念講演①】     家近良樹氏
【記念講演②】     佐々木寛司氏

【懇親会】

第2日目
《シンポジウム「近世史研究・近代史研究からみた明治維新」》
【研究報告①】
小関悠一郎氏
近世日本の政治理念とその変容 ―「富国強兵」概念を中心に―(仮)
【研究報告②】
塩出浩之氏
東アジア近代史の中の明治維新」(仮)
【研究報告③】
羽賀祥二氏
19世紀史のなかの明治維新

【個別質疑・総合討論】

≪※コロナウイルス感染防止の観点から延期します≫

**********************************

【重要】2020年3月例会 中止します

3月21日(土)に予定しておりました明治維新史学会例会は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、ご来場いただく皆様の健康を最優先に考え、中止とさせていただきます。

代替の例会につきましては、決まり次第、本HPでご案内いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2020年3月21日(土)15:00〜

※第2週土曜日ではありません。ご注意下さい

会場 明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー8階1086教室

報告 小川貴至氏

「薩摩藩士時代の松方正義に関する分析」

資料代 100円(当日、会場にて申し受けます)

以 上

 

『明治維新史研究』第17号

『明治維新史研究』第17号が2020年12月1日付で刊行されました。
本号は、2018年度第48回明治維新史学会大会において開催されたシンポジウム「慶応三・四年を問い直す」における報告および討論をもとに編集された特別号です。

趣旨説明 シンポジウム「慶応三・四年を問い直す」開催にあたって

小泉雅弘 基調報告①慶応三・四年の歴史的位置―「国内史」の視点から―
木村直也 基調報告②「世界史のなかの明治維新」をめざすには-東アジアの視点から-

(1)政治と外交

奈良勝司 研究報告①条約勅許・万国公法・大攘夷―条約勅許後の対外関係の構想と展開―
鵜飼政志 関連報告①昨今の明治維新期国際関係史研究批判

(2)思想と社会

池田勇太 研究報告②「卓越」と衆議―王政復古後の立花壱岐―
三ツ松誠 関連報告②帰って来た王室家―明治初年の攘夷派の位置をめぐって―

(3)地域と社会

宮間純一 研究報告③「政権交代」と地域一関東の旧幕府領と旧旗本知行所を中心に―
村 和明 関連報告③三井からみた慶応三・四年―代官所年貢代金取扱御用をめぐって―

(4)軍事と情報(社会)

箱石 大 研究報告④新政府による諸藩編制と軍事関係文書の管理
神谷大介 関連報告④戊辰戦争における海軍情報の伝播と受容―軍港浦賀を中心に―

個別・全体の質疑・討論

【重要】2020年1月例会 中止します

1月例会(下記)は中止いたします。

ご参加予定の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。

代替の例会につきましては、決まり次第、本HPでご案内いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2020年1月11日(土)15:00〜

会場 明治大学駿河台キャンパス・駿河台研究棟3階第10会議室

報告 高岡萌氏

「旧藩主家による中等教育機関の経営ー私立鹿島中学校等を事例にー」

※台風19号通過のため中止となった2019年10月例会の代替例会です

資料代 100円(当日、会場にて申し受けます)

以 上

例会のご案内(2019年12月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2019年12月14日(土)15:00〜
会場 明治大学駿河台キャンパス・研究棟3階第10会議室
報告 梁媛淋 氏
「近世後期大名家における身分的階層と役職任用」
資料代 100円(当日、会場にて申し受けます)

以 上

例会のご案内(2019年11月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2019年11月9日(土)14:00〜

会場 明治大学駿河台キャンパス・駿河台研究棟4階第2会議室

報告 ルーベックイアン栄氏

「相撲は廃止の危機にあったのか—明治零年代における相撲の位置付け—」

知野文哉氏

「「船中八策」考―土佐明治維新史形成過程の一事例として」

資料代 200円(当日、会場にて申し受けます)

以 上

【重要】2019年10月例会 中止します

10月例会(下記)は、台風の影響を考慮し、中止いたします。

ご参加予定の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。

代替の例会につきましては、決まり次第、本HPでご案内いたします。

・・・・・・・・・・

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2019年10月12日(土)15:00~

会場 明治大学駿河台キャンパス・駿河台研究棟4階第3会議室

報告 高岡萌氏

「旧藩主家による中等教育機関の経営ー私立鹿島中学校等を事例にー」

資料代 100円(当日、会場にて申し受けます)

以 上

 

 

例会のご案内(2019年9月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2019年9月14日(土)15:00~

会場 明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー16階1165教室

報告

林幸太郎氏「旧庄内藩士族の秩禄処分ー禄制改革を中心にー(仮)」

資料代 100円(当日、会場にて申し受けます)

以 上

大会会場(京都橘大学)へのアクセス図

来る6月8日(土)・9日(日)、京都橘大学で明治維新史学会第49回大会が開催されます。最寄駅は京都市営地下鉄東西線「椥辻(なぎつじ)駅」ですが、会場まで若干距離がありますので、案内図を添付させていただきます。
ご来場の際、参考にしてください。

京都橘大学へのアクセス

なお、その他の交通手段については、京都橘大学ホームページを参照ください。

どうぞよろしくお願いします。

2019年度 第49回明治維新史学会総会・大会の案内

【期日】2019年6月8日(土)・9日(日)
【会場】京都橘大学 清和館 4階 146教室
(京都府京都市山科区大宅山田町34)
〈アクセス〉京都市営地下鉄・東西線・椥辻(なぎつじ)駅下車。
「②番」出口から東へ徒歩約15分。
その他の交通手段については、京都橘大学ホームページを参照ください。
https://www.tachibana-u.ac.jp/about/campus/access.html

第1日目 6月8日(土)
【総 会】13時30分~
【公開講演】14時30分~16時
近世後期、堺の鉄砲ビジネス ―鉄砲鍛冶屋敷井上関右衛門家資料調査によせて―                             藪田貫氏
【研究報告】16時10分~17時30分 146教室
幕末期の政治と「御国益」論 ―盛岡藩と新渡戸十次郎を事例として―
岩本和恵氏
【懇親会】18時~ 響友館2階 食堂

第2日目(6月9日)(日)
【研究報告】10時30分~16時    146教室
文久期伊勢神宮の動向 ―朝廷との関係を中心に―
安部玄将氏

明治初年の「三河国十藩集会」と「公議」
伊故海貴則氏

三新法体制下における道路開鑿事業 ―府県域の変遷と府県土木事業の成立―
濱田恭幸氏