明治維新史学会 の紹介

本会は、「明治維新および関連事項に対する研究の発展と普及をはかり、あわせて、その研究者相互の協力の促進を目的」(規約第3条)とする、日本学術会議協力学術研究団体です。  1980年5月、原口清・毛利敏彦・田村貞雄・千田稔・松崎彰の5人が打合せを行い、会の設立を広く全国に呼びかけることによって、同年11月、「廃藩置県研究会」が発足しました。1982年5月の総会にて「明治維新史学会」と改称し、現在に至っています。  この間、本会は「視野は広く理論性は高く、現実にはきびしく、かつ精細な実証的精神で、若い力をこの学会に結集し、大いなる学問的発展」(田中彰「会長就任にあたって」『明治維新史学会報』第14号、1989年)を目指してきました。そして、学閥・年齢・肩書きなどにこだわらず、おおらかな雰囲気のもとで会を運営し、大会や研究例会の開催、会報・会誌・論文集などの発行を行ってきました。本会の活動には、若手研究者の参加が多いことが、大きな特徴となっています。 【年間活動】 ・総会・大会の開催(6月) ・秋期大会の開催(10月もしくは11月) ・研究例会の開催(年9回程度) ・『会報 明治維新史学会だより』の発行(年2回) ・『明治維新史研究』の発行(年1回) ・ホームページの運用 会員数は402名(2011年1月31日現在)、年会費3,000円。入会に制限はありません。

例会のご案内(2017年11月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2017年11月11日(土)15:00~

会場 明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー地下1階1001教室

報告 遠矢浩規氏「坂本龍馬暗殺後の海援隊-備讃瀬戸グループの活動を中心に」

資料代 100円(当日会場にて申し受けます)

以上

例会のご案内(2017年10月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2017年10月14日(土)13:30~受付開始、13:45開会予定

会場 渋沢史料館(最寄駅JR王子駅)

https://www.shibusawa.or.jp/access/index.html

※会員につきましては、当日の入館料を免除(受付時に招待券を発行)します。

※研究報告に先立ち、展示見学(自由見学)の時間を設けます。

企画展「渋沢栄一渡仏150年 渋沢栄一、パリ万国博覧会へ行く[第2期]」

https://www.shibusawa.or.jp/museum/special/2017/kikaku2017_03.html

報告 関根仁氏

「徳川昭武書簡草稿綴(渋沢栄一筆)についての考察」

資料代 100円(当日会場にて申し受けます)

以上

講座明治維新 第10巻:2016年10月20日刊:有志舎 

講座 明治維新 10

明治維新と思想・社会

明治維新史学会 編
A5判、290ページ
発行所 有志舎
定価 3,570円(税込)
ISBN978-4-908672-07-1

総 論 明治維新と思想・社会           小林丈広
1 近世後期の政治常識                若尾政希
2 「帝国」言説と幕末日本              桐原健真
3 幕末の社会情勢と地域知識人          谷山正道
4 維新前後の身分意識をめぐる葛藤        斎藤洋一
5 世直しと土地所有意識の変容          白川部達夫
6 民衆教育における明治維新            八鍬友広
7 衛生観の生成と医学・医療の近代化      石居人也
文献目録

 

例会のご案内(2017年7月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2017年7月8日(土)15:00~

会場 明治大学駿河台キャンパス・研究棟2階第8会議室

報告 佐藤大悟氏

「明治前期における「府県史料」編纂事業の展開―「修史局・修史館史料」の分析から―」

資料代 100円(当日会場にて申し受けます)

以 上

 

『明治維新史研究』第14号

『明治維新史研究』第14号が刊行されました。

内容は以下の通りです。

[論文]
大庭裕介「太政官期の法典編纂における「西洋」「非西洋」
―江藤新平と大木喬任の比較を通して―」
[研究ノート]
滝島功「地租改正事務局官員宍戸昌と「東北地方地租改正資料」」
[公開講演記録]
寺崎修「自由民権運動史研究の過去と現在」
[追悼文]
「原口清先生の御逝去を悼む」(勝田政治)
「毛利敏彦先生のご逝去を悼む」(家近良樹)
「佐々木克さんを送る」(原田敬一)
[書評]
久保正明著『明治国家形成と華族』(刑部芳則)
内山一幸著『明治期の旧藩主家と社会―華士族と地方の近代化』(寺尾美保)
宮地正人著『歴史のなかの『夜明け前』―平田国学の幕末維新』(小田真裕)
[新刊紹介]
勝田政治著『大久保利通と東アジア―国家構想と外交戦略』(木村直也)
佐藤隆一著『幕末期の老中と情報―水野忠精による風聞探索活動を中心に』
(奈良勝司)
[大会記録]第四六回大会記事、討論要旨
[彙報]総会記事、会計報告、例会記録、会報発行記録
[会告]次回大会予告、投稿規定
[明治維新史学会規約]

2017年度第47回明治維新史学会総会・大会の案内

【期日】2017年6月3日(土)・4日(日)

【会場】立教大学 池袋キャンパス 太刀川記念館ホール(東京都豊島区西池袋3-34-1)

【会場へのアクセス】

JR各線・東武東上線・西武池袋線・東京メトロ丸ノ内線/有楽町線/副都心線「池袋駅」下車。西口より太刀川記念館ホールまで徒歩約九分。※C3出口が便利です。

第1日目(6月3日)太刀川記念館ホール

【総 会】 13時30分~

【公開講演】14時30 分~16時

明治維新と鎖国・開国言説

荒野 泰典 氏

【研究報告】16時10分~17時30分

マルチ・アーカイブズからみた幕末―日米和親条約と琉球所属問題―

ティネッロ・マルコ (TINELLO Marco)氏

【懇親会】18時~

立教大学池袋キャンパス セントポールズ会館/一階レストラン(日比谷松本楼セントポールズ会館店) 懇親会費5,000円

 

第2日目(6月4日)太刀川記念館ホール

【研究報告】10時30分~16時

維新期の政治社会における「藩屏」概念をめぐる認識について

  工藤 憲一郎 氏

「職員令」体制下における行政組織の運用について-留守官を事例に-

柏原 洋太 氏

柏崎県における郡中議事者

三村 昌司 氏

 

※研究報告では非会員の方からは資料代として300円をいただきます。ご了承ください。

 

明治維新史学会 大会運営委員会

〒680-8551 鳥取市湖山町南4-101鳥取大学地域学部

岸本 覚研究室 TEL:0857-31-5159

渋沢栄一渡仏150年企画展のご案内

渋沢史料館では、現在企画展「渋沢栄一、パリ万国博覧会へ行く」を6月25日まで開催中です。当学会も後援に加わっております。どうか御参観ください。
詳しくは下記のホームページをご覧ください。
www.shibusawa.or.jp
渋沢栄一の活動を広く紹介する博物館として、1982年に開館。かつて栄一が住んでいた旧渋沢邸跡地に建つ。栄一の生涯と …

 

平成29年度 明治維新150周年若手研究者育成事業のご案内

昨年度に続き、当会では「明治維新150周年若手研究者育成事業」を支援することとなりました。50万円の助成金を3人程度の若手研究者に給付し、幕末薩摩藩の研究推進を図るという趣旨です。

応募書類の提出期限は5月15日(月) 17時まで(必着)です。ふるってご応募ください。

詳しくは、県のホームページをご覧ください。

  http://www.pref.kagoshima.jp/aa03/boshuheisei29wakate.html

住所変更通知のお願い

今年の桜は例年より遅れました。人事異動や就職などで転居された方もいらっしゃると思いますが、会誌が返送されてくることもあり、所在不明にリストアップされてしまいます。転居など登録内容に異動が生じた会員は、事務局に報告してください。

送付先:〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1 明治大学文学部 落合弘樹研究室