明治維新史学会 の紹介

本会は、「明治維新および関連事項に対する研究の発展と普及をはかり、あわせて、その研究者相互の協力の促進を目的」(規約第3条)とする、日本学術会議協力学術研究団体です。  1980年5月、原口清・毛利敏彦・田村貞雄・千田稔・松崎彰の5人が打合せを行い、会の設立を広く全国に呼びかけることによって、同年11月、「廃藩置県研究会」が発足しました。1982年5月の総会にて「明治維新史学会」と改称し、現在に至っています。  この間、本会は「視野は広く理論性は高く、現実にはきびしく、かつ精細な実証的精神で、若い力をこの学会に結集し、大いなる学問的発展」(田中彰「会長就任にあたって」『明治維新史学会報』第14号、1989年)を目指してきました。そして、学閥・年齢・肩書きなどにこだわらず、おおらかな雰囲気のもとで会を運営し、大会や研究例会の開催、会報・会誌・論文集などの発行を行ってきました。本会の活動には、若手研究者の参加が多いことが、大きな特徴となっています。 【年間活動】 ・総会・大会の開催(6月) ・秋期大会の開催(10月もしくは11月) ・研究例会の開催(年9回程度) ・『会報 明治維新史学会だより』の発行(年2回) ・『明治維新史研究』の発行(年1回) ・ホームページの運用 会員数は402名(2011年1月31日現在)、年会費3,000円。入会に制限はありません。

日本学術会議問題に関する明治維新学会理事会声明

今般、日本学術会議が推薦した第 25 期新規会員 105 人の候補者のうち 6 人について、内閣総理大臣は任命しませんでした。

明治維新史学会理事会は、この件を学問の自由に関わる問題と捉え、日本学術会議による内閣総理大臣に対する次の要望を支持いたします。

1.2020年9月30日付で山極壽一前会長がお願いしたとおり、推薦した会員候補者 が任命されない理由を説明いただきたい。

2.2020年8月31日付で推薦した会員候補者のうち、任命されていない方について、 速やかに任命していただきたい。

 

2020年10月18日 明治維新史学会理事会

例会のご案内(2020年10月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2020年10月10日(土)15:00〜
会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会
報告 本田幸士氏「京都所司代としての桑名藩—職務についての考察と課題ー」

【参加方法】
・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。明治維新史研究にご関心のある会員以外の皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどをよろしくお願い申し上げます。
※入会後はご参加いただけます。入会申込:http://www.ishinshi.jp/wordpress/?cat=4

・参加を希望される会員の方は、ishinshi_reikai(at) yahoo.co.jp(※(at) は @ に置き換えて下さい)に、ご氏名・ご住所・ご所属の3点をお書きの上(通常の例会時にご記入いただく名簿と同じ記入内容です)、10月8日(木)までにご連絡ください。10日当日の午前中までに、ご連絡いただいたメールアドレスにミーティングのURLと当日のレジュメを添付してご連絡致します。

・なお、研究会中は、不正参加防止のため、ビデオオフを禁止とします。この点、悪しからずご了承ください。

以 上

『明治維新史研究』第18号

『明治維新史研究』第18号が2020年3月31日付で刊行されました。

[論 文]

伊故海貴則「横井小楠における「議論」と世界認識―道理・武威・一致―」

[研究ノート]

加藤弘之「将軍後見職辞表にみる一橋慶喜の政治行動」

[公開講演記録]

藪田貫「近世後期、堺の鉄砲ビジネス―鉄砲鍛冶屋敷井上関右衛門家資料調査によせて―」

[書評]

長井純市「中元崇智著『明治期の立憲政治と政党―自由党系の国家構想と党史編纂―』」

若松正志「吉岡誠也著『幕末対外関係と長崎』」

[新刊紹介]

刑部芳則「菅原彬州著『岩倉使節団と銀行破産事件』」

笹部昌利「岩田真美・桐原健真編『カミとホトケの幕末維新―交錯する宗教世界―』」

天野真志「友田昌宏著『東北の幕末維新―米沢藩士の情報・交流・思想―』

落合弘樹「尾脇秀和著『刀の明治維新―「帯刀」は武士の特権か?―』」

神谷大介「後藤敦史・髙久智広・中西裕樹編『幕末の大阪湾と台場―海防に沸き立つ列島社会―』」

平良聡弘「杉本史子著『近世政治空間論―裁き・公・「日本」―』」

[大会記録]大会記事、討論要旨

[彙 報]総会記事、役員・委員名簿、会計報告書、例会記録、会報発行記録

例会のご案内(オンライン、2020年9月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2020年9月12日(土)15:00〜
会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会
報告 高岡萌氏「鎔造館の公立中学校移管と鹿島鍋島家ー明治期における教育機関と旧藩主家ー」

【参加方法】
・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。明治維新史研究にご関心のある会員以外の皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどをよろしくお願い申し上げます。
※入会後はご参加いただけます。入会申込:http://www.ishinshi.jp/wordpress/?cat=4

・参加を希望される会員の方は、ishinshi_reikai(at) yahoo.co.jp(※(at) は @ に置き換えて下さい)に、ご氏名・ご住所・ご所属の3点をお書きの上(通常の例会時にご記入いただく名簿と同じ記入内容です)、9月10日(木)までにご連絡ください。12日当日の午前中までに、ご連絡いただいたメールアドレスにミーティングのURLと当日のレジュメを添付してご連絡致します。

・なお、研究会中は、不正参加防止のため、ビデオオフを禁止とします。この点、悪しからずご了承ください。

                                  以 上

【会告】総会資料の訂正について

先に、「会報 明治維新史学会だより」第27号に同封しました「2020年度 明治維新史学会総会 資料」中に誤りがありましたので、以下の通り訂正いたします。会員各位及び関係者の皆様には、多大なご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。

誤 審議事項Ⅳ 2020年度新役員選任
〔役員分担〕
◇委員会
・会誌編集委員会 笹部昌利(委員長)、石川寛、神谷大介、
小泉雅弘、藤田英昭、宮間純一

正 審議事項Ⅳ 2020年度新役員選任
〔役員分担〕
◇委員会
・会誌編集委員会 笹部昌利(委員長)、石川寛、神谷大介、
藤田英昭、宮間純一

例会のご案内(オンライン、2020年7月)

例会(オンライン)を下記のとおり開催いたします。

日時 2020年7月11日(土)14:00〜

会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会

報告 小川貴至氏 「薩摩藩士時代の松方正義に関する分析」

袁甲幸 氏 「「府県」の定着――「国(郡)」との関係に着目して」

参加方法

・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。明治維新史研究にご関心のある会員以外の皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解のほどをよろしくお願い申し上げます。

※入会後はご参加いただけます。入会申込:http://www.ishinshi.jp/wordpress/?cat=4

・参加を希望される会員の方は、ishinshi_reikai(at) yahoo.co.jp(※(at) は @ に置き換えて下さい)に、ご氏名・ご住所・ご所属の3点をお書きの上(通常の例会時にご記入いただく名簿と同じ記入内容です)、7月9日(木)までにご連絡ください。11日当日の午前中までに、ご連絡いただいたメールアドレスにミーティングのURLと当日のレジュメを添付してご連絡致します

・なお、研究会中は、不正参加防止のため、ビデオオフを禁止とします。この点、悪しからずご了承ください

以 上

 

 

 

【重要】2020年度明治維新史学会創立40周年記念大会延期のお知らせ

来る6月13日・14日、立教大学池袋キャンパスにおいて、以下の通り明治維新史学会創立40周年記念大会を予定しておりました。
しかし、今般の新型コロナウイルス感染者増加の状況下、大会参加者の安全を第一に考えた結果、大会は延期することにいたします。
会員の皆様、大会報告者の皆様、大会参加予定の皆様には大変ご迷惑おかけしますことをお詫び申し上げます。
何とぞご理解・ご了承いただけますようお願い申し上げます。

なお、総会および大会の新日程等については、決定次第発表する予定です。

**********************************
≪※コロナウイルス感染防止の観点から延期します≫

明治維新史学会創立40周年記念大会

第1日目
【記念講演】
《学会40年の歩み ―明治維新史学会の果たした役割―》
学会の歩みの概要  木村直也氏
【記念講演①】     家近良樹氏
【記念講演②】     佐々木寛司氏

【懇親会】

第2日目
《シンポジウム「近世史研究・近代史研究からみた明治維新」》
【研究報告①】
小関悠一郎氏
近世日本の政治理念とその変容 ―「富国強兵」概念を中心に―(仮)
【研究報告②】
塩出浩之氏
東アジア近代史の中の明治維新」(仮)
【研究報告③】
羽賀祥二氏
19世紀史のなかの明治維新

【個別質疑・総合討論】

≪※コロナウイルス感染防止の観点から延期します≫

**********************************

【重要】2020年3月例会 中止します

3月21日(土)に予定しておりました明治維新史学会例会は、新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、ご来場いただく皆様の健康を最優先に考え、中止とさせていただきます。

代替の例会につきましては、決まり次第、本HPでご案内いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2020年3月21日(土)15:00〜

※第2週土曜日ではありません。ご注意下さい

会場 明治大学駿河台キャンパス・リバティタワー8階1086教室

報告 小川貴至氏

「薩摩藩士時代の松方正義に関する分析」

資料代 100円(当日、会場にて申し受けます)

以 上

 

『明治維新史研究』第17号

『明治維新史研究』第17号が2020年12月1日付で刊行されました。
本号は、2018年度第48回明治維新史学会大会において開催されたシンポジウム「慶応三・四年を問い直す」における報告および討論をもとに編集された特別号です。

趣旨説明 シンポジウム「慶応三・四年を問い直す」開催にあたって

小泉雅弘 基調報告①慶応三・四年の歴史的位置―「国内史」の視点から―
木村直也 基調報告②「世界史のなかの明治維新」をめざすには-東アジアの視点から-

(1)政治と外交

奈良勝司 研究報告①条約勅許・万国公法・大攘夷―条約勅許後の対外関係の構想と展開―
鵜飼政志 関連報告①昨今の明治維新期国際関係史研究批判

(2)思想と社会

池田勇太 研究報告②「卓越」と衆議―王政復古後の立花壱岐―
三ツ松誠 関連報告②帰って来た王室家―明治初年の攘夷派の位置をめぐって―

(3)地域と社会

宮間純一 研究報告③「政権交代」と地域一関東の旧幕府領と旧旗本知行所を中心に―
村 和明 関連報告③三井からみた慶応三・四年―代官所年貢代金取扱御用をめぐって―

(4)軍事と情報(社会)

箱石 大 研究報告④新政府による諸藩編制と軍事関係文書の管理
神谷大介 関連報告④戊辰戦争における海軍情報の伝播と受容―軍港浦賀を中心に―

個別・全体の質疑・討論