『講座明治維新』第11巻:2016年3月30日刊:有志舎

講座 明治維新 11

明治維新の宗教・文化

明治維新史学会 編
A5判、276ページ
発行所 有志舎
定価 3,570円(税込)
ISBN978-4-908672-02-6

総論 明治維新と宗教・文化        高木博志
1 「古物(古器旧物)」から「文化財」へ    久留島浩
2 新聞と輿論の形成           土屋礼子
3 歴史画の成立             高階絵里加
4 国家神道の形成と靖国神社・軍人勅諭   島薗 進
5 近代の宮中儀礼            ジョン・ブリーン
6 公教育とキリスト教界          田中智子
7 維新期の東西本願寺をめぐって     谷川 穣

 

『講座明治維新』第9巻:2015年2月6日刊:有志舎

講座 明治維新 9

明治維新と女性
明治維新史学会 編  A5判、270ページ 発行所 有志舎 定価 3,570円(税込)
ISBN 9784903426921
総論 横山百合子・西澤直子  明治維新と女性
1 田村 均 ファッションをめぐる社会の変容
2 ラウラ・ネンヅィ(横山百合子 訳) 地域社会における女性と政治
3 大口勇次郎 明治維新期のリテラシーとジェンダー
4 村上一博 明治前期の判決例にみる女性と相続
5 横山百合子 幕末維新期の社会と性売買の変容
6 人見佐知子 セクシュアリティの変容と明治維新
7 沢山美果子 「産み育てること」の近代
文献目録

『講座明治維新』第8巻:2013年12月10日刊:有志舎

講座 明治維新 8
明治維新の経済過程
明治維新史学会 編 A5判、290ページ 発行所 有志舎 定価 3,570円(税込)
ISBN 9784903426785
総論 佐々木寛司・勝部眞人  明治維新の経済過程
1 西向宏介 幕末の市場構造と流通
2 西川武臣 横浜開港と国際市場—生糸貿易と売込商の軌跡
3 佐々木寛司・ 落合弘樹  税制改革と禄制廃止—地租改正と秩禄処分
4 友田清彦・ 勝部眞人  欧米農業との邂逅と農業政策官僚のネットワーク
5 鈴木淳 官営工場と民間工場
6 國雄行 内国勧業博覧会の歴史的意義
7 神山恒雄 社会資本の形成—道路と鉄道
8 谷本雅之 在来産業の展開と資本主義

『講座明治維新』第7巻 改訂版:2014年5月20日刊:有志舎

講座 明治維新 7 改訂版

明治維新と地域社会

明治維新史学会 編  A5判、272ページ
発行所 有志舎    定価 3,570円(税込)
ISBN 978-4-903426-85-3

刊行にあたって
総論 明治維新と地域社会             奥田晴樹
一 幕末地域社会の変貌             渡辺尚志
二 首都東京の形成と民費            牛米 努
三 明治初期の地域社会と民衆運動        小田康徳
四 地方三新法と区町村会法           松沢裕作
五 困民党事件と地域社会            鶴巻孝雄
六 明治前期の豪農・地方名望家         丑木幸男
七 市制町村制の施行と町村合併         植山 淳
文献目録

『講座明治維新』第5巻:2012年10月30日刊:有志舎

講座 明治維新 5

立憲制と帝国への道

明治維新史学会 編 A5判、257ページ 発行所 有志舎 定価 3,570円(税込)
ISBN 978-4-903426-64-8 C1321

総論 立憲制と帝国への道(原田敬一)
一 自由民権運動と憲法論(新井勝紘)
二 初期議会と民党(飯塚一幸)
三 松方財政から軍拡財政へ(池田憲隆)
四 日清戦争(大谷 正)
五 一九世紀末、日本統治期の台湾(栗原 純)
六 軍隊と社会(一ノ瀬俊也)
七 近代法体系の成立(三阪佳弘)
文献目録

『講座明治維新』第4巻:2012年3月12日刊:有志舎

講座 明治維新 4

近代国家の形成

明治維新史学会 編
A5判、296ページ
発行所 有志舎
定価 3,570円(税込)
ISBN978-4-903426-54-9

総論 近代国家の形成              勝田政治
1 文明開化政策の展開             今西 一
2 征韓論政変と大久保政権          勝田政治
3 近代化と士族—士族反乱の歴史的位置 猪飼隆明
4 自由民権運動と明治一四年の政変    大日方純夫
5 太政官制の構造と内閣制度        中野目徹
6 国境の画定             麓 慎一・川畑 恵
7 明治天皇の形成                坂本一登

『講座明治維新』第3巻:11月10日刊:有志舎

講座 明治維新 3
維新政権の創設

明治維新史学会 編
A5判、312ページ
発行所 有志舎
定価 3,570円(税込)
ISBN978-4-903426-48-8

総 論 維新政権の創設
     ―維新研究の今日的課題―    松尾正人 
1 戊辰戦争の軍事史              保谷 徹
2 草莽と維新                   藤田英昭
3 東京奠都と東京遷都             佐々木 克
4 公議所・集議院の設立と「公議」思想    山崎有恒
5 明治初年の太政官制と「公議・公論」    藤田 正
6 開明派官僚の登場と展開          柏原宏紀
7 府県の創設                   奥田晴樹
8 版籍奉還と廃藩置県             松尾正人
文献目録

『講座明治維新』第2巻:2011年5月21日刊:有志舎 

幕末政治と社会変動

明治維新史学会 編
A5判、288ページ
定価 3,570円(税込)
ISBN978-4-903426-42-6

総 論 幕末政治と社会変動              青山忠正
1 ペリー来航と内外の政治状況           鵜飼政志
2 近代移行期の民衆と地域移動          浪川健治
3 安政・文久期の政治改革と諸藩         岸本 覚
4 幕末政局のなかの天皇・朝廷          仙波ひとみ
5 徳川政権と万国対峙                奈良勝司
6 畿内の幕末社会                   岩城卓二
7 慶応三年一二月九日の政変           青山忠正
文献目録

『講座明治維新』とは

明治維新史学会は、このたび創立30周年記念事業として『講座 明治維新』全12巻を有志舎から刊行することとなりました。明治維新に関する最新の研究成果を体系的に提供し、今日の研究水準と今後の課題を明らかにすることをめざしています。19世紀を対象時期として、第1巻から5巻までは政治史を基軸とした通史的構成とし、第6巻から11巻まではジャンル別とし、最後の第12巻は総括的分析としています。各巻とも冒頭に総論を置き、次いでその巻のテーマに関する論文を配列し、巻末に文献目録を付します。19世紀というスパンのなかで見直すことは、新たな明治維新像を創り出す契機となるでしょう。

『講座明治維新』第1巻:12月30日刊:有志舎 

講座 明治維新 1
世界史のなかの明治維新

明治維新史学会 編
A5判、280ページ
発行所 有志舎
定価 3,570円(税込)
ISBN978-4-903426-37-2

総 論 世界史のなかの明治維新        木村直也 
1 ペリー来航以前の国際情勢と国内政治    藤田 覚
2 幕末の対外情報と在地社会          岩田みゆき
3 武装する農民の内憂と外患          デビッド・ハウエル
4 幕末・維新期における帝政ロシアと日本   麓 慎一
5 異国船の琉球来航と薩摩藩          真栄平房昭
6 幕末・維新期の松前蝦夷地とアイヌ社会   谷本晃久
7 一九世紀前半日本における「議論政治」の形成とその意味  朴 薫
8 一九世紀東アジアにおける外交規範の変化  三谷 博
文献目録