『明治維新史論集1 幕末維新の政治と人物』

論集編集委員会より

 

有志舎から2016年9月に刊行された論集第1巻の紹介です。

 

 

明治維新史学会編『明治維新史論集1 幕末維新の政治と人物』

 

 

(目次)

 

刊行の辞                           勝田政治

 

はじめに                        明治維新史学会

 

Ⅰ 幕府政治の展開

一 岩瀨忠震と幕府外交                   後藤敦史

二 政治君主としての徳川家茂                久住真也

 

Ⅱ 大藩の選択

三 加賀藩の政治過程と前田慶寧               宮下和幸

四 徳川慶勝の政治指導と尾張徳川家             藤田英昭

五 仙台藩の意思決定過程と伊達慶邦            栗原伸一郎

 

Ⅲ 薩長再考

六 長州藩の国事周旋と益田右衛門介             上田純子

七 島津久光の政治構想について

―武力倒幕を決断したか否か―            家近良樹

 

あとがき                        論集編集委員会

 

 

※定価(本体4,400円+税)

本書については、会員限定の割引販売はすでに終了しています。

例会のご案内(2016年10月)

例会を下記のとおり開催いたします。

 

日時 2016年10月8日(土)15:00~

会場 明治大学駿河台キャンパス・研究棟4階第2会議室

報告 柏原洋太氏「明治初年における留守官の機能について」

資料代 100円(当日会場にて申し受けます)

以上