会誌投稿規定の改定

掲載の実態に合わせて、研究ノートの枚数を「四〇枚程度」から「四〇~六〇枚」に変更しました。以下の投稿規定を参照のうえ、ご投稿ください。(会誌編集委員会)

◎投稿規定
1 投稿資格としては、会員であることが必要です。
2 原稿は四〇〇字詰に換算して次の枚数とします(文字数カウントではなく、印字  したレイアウトによります)。
論文    六〇枚程度
研究ノート 四〇~六〇枚
史料紹介  四〇枚以内
書評    二〇枚以内
新刊紹介  一〇枚以内
*図・表・注などは右の枚数に含みます。図・表などはB5判一頁分を四枚と換算します。
3 右記以外の原稿でも、編集委員会が適当と判断したものは受理します。編集委員会で検討して掲載の可否を決定し、通知します。
4 原稿は、会誌のレイアウトに合わせた三二字×二五行×二段、または四〇字×三〇行で設定し、A4判に印字してください。
5 注は(1)(2)……のように通し番号を付して、文章末に一括して記載してください。
6 写真(モノクロ)の掲載も可能です。原則五点以内とします。
7 図・表・写真などは、おおまかな掲載場所を指定してください。できるだけ掲載原版に使用できるものを添えてください。
8 投稿原稿は原則として一月末までにお送りください。編集委員会の責任において査読し、結果を通知いたします。
9 掲載論文の転載は、掲載後一年間は見合わせてください。
10 論文などには八〇〇字程度の要旨を付してください。原稿はプリントアウト(コピー)したもの三部を送付し、可能ならばデジタルデータをメール添付で送ってください。なお、原稿は原則として返却いたしませんので、ご了承ください。
送付先は、最新の会誌または会報に掲載されている投稿規定をご参照ください。

『明治維新史研究』第13号

『明治維新史研究』第13号が刊行されました。

内容は以下の通りです。

 

『明治維新史研究』第13号(2016年2月)
[論文]
鈴木祥「幕末の新規通商条約問題」
[研究ノート]
尾脇秀和「幕末期朝廷献納金穀と地下官人
―文久三年「分賜米」を中心に―」
堀井美里「地域社会と政治情報
―十九世紀前半の加賀藩十村層を中心に―」
[追悼文]
藤田正氏の御逝去を悼む(勝田政治)
[書評]
神谷大介著『幕末期軍事技術の基盤形成―砲術・海軍・地域』
(鈴木淳)
[新刊紹介]
刑部芳則著『京都に残った公家たち―華族の近代』(吉岡拓)
家近良樹著『老いと病でみる幕末維新
―人びとはどのように生きたか』(笹部昌利)
[大会記録]第四五回大会記事、討論要旨
[彙報]総会記事、会計報告、例会記録、会報発行記録
[会告]次回大会予告、投稿規定
[明治維新史学会規約]

『明治維新史研究』第12号

『明治維新史研究』第12号が2014年12月30日付で刊行されました。内容は以下の通りです。

[論文]刑部芳則「武家華族の御家騒動 ―松平忠和と島原騒動を中心に―」
[研究ノート]内山一幸「大名華族の婚姻に関する一考察 ―明治期の旧柳河藩主立花家を事例に―」
[公開講演記録]髙木俊輔「明治維新と日記史料」
[新刊紹介]
佐々木寛司編『近代日本の地域史的展開 ―政治・文化・経済』(淺井良亮)
大久保利 監修、森重和雄・倉持基・松田好史編『大久保家秘蔵写真 大久保利通とその一族』(西川誠)
三宅紹宣著『幕長戦争』(重田麻紀)
麓慎一著『開国と条約締結』(福岡万里子)
[大会記録]
[彙報]

会誌投稿の締切について

会誌『明治維新史研究』への投稿締切は、昨年(2014年)の投稿規定の改定により、「原則として1月末」になりました。

会誌最新号(第12号)の会告欄には、編集委員会の手違いにより、改定前の古い規定がそのまま掲載されております。申し訳ありません。

なお、規定を改定してからまだ1年たっておりませんので、移行措置として、締切変更を知らなかったなどの事情によっては遅れての受理を認めることがありますので、投稿予定の方はすみやかにご連絡をお願いいたします。

会誌への投稿のお願い

本会の会誌『明治維新史研究』への投稿は、2014年の投稿規定改定にともない、締め切りが1月末に変更になりました(定期的な時期での会誌刊行を確保するためです)。

投稿のご予定のある方は、ご留意ください。

なお投稿に際しては、できましたら事前の予告をしていただきますと助かります。

多くのみなさんの投稿をお待ち申し上げております。

(ご質問などは会誌編集委員長までお願いいたします。)

会誌投稿規定の改定

①会誌刊行時期の固定化のため、投稿原稿締切を「3月末」から「1月末」に変更しました。②2014年度から会誌の内容が増加するため、書評の枚数を「30枚」から「20枚」に削減し、「~枚程度まで」の表現を「~枚以内」に変更しました。

以下の投稿規定を参照のうえ、ご投稿ください。(会誌編集委員会)

◎投稿規定
1 投稿資格としては、会員であることが必要です。
2 原稿は四〇〇字詰に換算して次の枚数とします(文字数カウントではなく、印字したレイアウトによります)。
論文    六〇枚程度
研究ノート 四〇枚程度
史料紹介  四〇枚以内
書評    二〇枚以内
新刊紹介  一〇枚以内
*図・表・注などは右の枚数に含みます。図・表などはB5判一頁分を四枚と換算します。
3 右記以外の原稿でも、編集委員会が適当と判断したものは受理します。編集委員会で検討して掲載の可否を決定し、通知します。
4 原稿は、会誌のレイアウトに合わせた三二字×二五行×二段、または四〇字×三〇行で設定し、A4判に印字してください。
5 注は(1)(2)……のように通し番号を付して、文章末に一括して記載してください。
6 写真(モノクロ)の掲載も可能です。原則五点以内とします。
7 図・表・写真などは、おおまかな掲載場所を指定してください。できるだけ掲載原版に使用できるものを添えてください。
8 投稿原稿は原則として一月末までにお送りください。編集委員会の責任において査読し、結果を通知いたします。
9 掲載論文の転載は、掲載後一年間は見合わせてください。
10 論文などには八〇〇字程度の要旨を付してください。原稿はプリントアウト(コピー)したもの三部を送付し、可能ならばデジタルデータをメール添付で送ってください。なお、原稿は原則として返却いたしませんので、ご了承ください。
送付先は、最新の会誌または会報に掲載されている投稿規定をご参照ください。

『明治維新史研究』第11号

『明治維新史研究』第11号が2014年4月30日付で刊行されました。内容は以下の通りです。

[論文]金澤裕之「万延・文久期の海軍建設 ―艦船・人事・経費―」
[研究ノート]熊澤恵里子「大名華族の子弟教育 ―越前松平康荘の自立への道」
[公開講演記録]青木美智男「幕末・維新期の民衆運動史研究の再検討」
[書評]刑部芳則著『明治国家の服制と華族』(浅見雅男)
福岡万里子著『プロイセン東アジア遠征と幕末外交』(後藤敦史)
[新刊紹介]箱石大編『戊辰戦争の史料学』(久住真也)
青山忠正著『日本近世の歴史6 明治維新』(三宅紹宣)
佐々木克・藤井譲治・三澤純・谷川穣編『岩倉具視関係史料』〔全二巻〕(中川壽之)
[彙報]

会誌『明治維新史研究』第12号への投稿募集

論文・研究ノートなど執筆を進めておられる方、本会会誌『明治維新史研究』第12号への投稿締切は2014年3月末です。ふるってご投稿ください。

*複数の専門研究者による厳正な査読審査を行い、指摘については丁寧にお知らせします。

◇規定枚数(400字詰め換算) 論文:60枚程度  研究ノート:40枚程度

*投稿予定の方は事前にご連絡いただけるとありがたいと存じます。

*会誌やHP掲載の投稿規定をご確認いただき、推敲のうえ完成原稿でご投稿ください。連絡先は会誌や会報の最新号をご覧ください。

 

『明治維新史研究』第10号

『明治維新史研究』第10号が2013年10月25日付で刊行されました。内容は以下の通りです。

[論文]滝島功「賤民廃止令の史料論的考察」
湯川文彦「明治初期における行政警察の形成」
後藤新「台湾出兵における大久保利通 ―二つの評議と北京談判を中心として」
[書評]矢部洋三著『安積開墾の展開過程』(落合功)
中村文著『信濃国の明治維新』(上條宏之)
[新刊紹介]犬塚孝明著『海国日本の明治維新
―異国船をめぐる一〇〇年の攻防』(岩下哲典)
[彙報]

『明治維新史研究』第9号

『明治維新史研究』第9号が2013年3月15日付で刊行されました。 内容は以下の通りです。

[論文]   五箇条の誓文・宸翰と五榜の掲示……三宅 紹宣

米国ペリー艦隊の琉球来航と琉球「開国」問題……岡部 敏和
―「琉米約定」をめぐる琉球王府・薩摩藩間交渉を中心に―

[書評]  奈良勝司著『明治維新と世界認識体系
幕末の徳川政権 信義と征夷のあいだ』……家近良樹

[新刊紹介] 岩下哲典編『江戸時代 来日外国人人名辞典』……岡部敏和

水谷憲二著『戊辰戦争と「朝敵」藩―敗者の維新史―』……宮間純一

安岡昭男著『副島種臣』
齋藤洋子著『副島種臣と明治国家』……大庭裕介

[彙報]