『明治維新史研究』ご投稿のご案内

来年度発刊予定の『明治維新史研究』22号に掲載します投稿論文、研究ノートの締め切りは2022年1月31日です。皆様奮ってご投稿ください。よろしくお願いいたします。

◎投稿規定
1 投稿資格としては、会員であることが必要です。
2 原稿は400字詰に換算して次の枚数とします(文字数カウントではなく、印字したレイアウトによります)。
論文    60枚程度
研究ノート 40~60枚
史料紹介  40枚以内
書評    20枚以内
新刊紹介  10枚以内
*図・表・注などは右の枚数に含みます。図・表などはB5判1頁分を4枚と換算します。
3 右記以外の原稿でも、編集委員会が適当と判断したものは受理します。編集委員会で検討して掲載の可否を決定し、通知します。
4 原稿は、会誌のレイアウトに合わせた32字×25行×2段、または40字×30行で設定し、A4判に印字してください。
5 注は(1)(2)……のように通し番号を付して、文章末に一括して記載してください。
6 写真(モノクロ)の掲載も可能です。原則5点以内とします。
7 図・表・写真などは、おおまかな掲載場所を指定してください。できるだけ掲載原版に使用できるものを添えてください。
8 投稿原稿は原則として1月末までにお送りください。編集委員会の責任において査読し、結果を通知いたします。
9 掲載論文の転載は、掲載後1年間は見合わせてください。
10 論文などには800字程度の要旨を付してください。原稿はプリントアウト(コピー)したもの3部を送付し、可能ならばデジタルデータをメール添付で送ってください。なお、原稿は原則として返却いたしませんので、ご了承ください。

送付先は、最新の会誌または会報に掲載されている投稿規定をご参照ください。

【会告】『明治維新史研究』第19号の訂正について

『明治維新史研究』第19号89ページに誤りがありましたので、以下の通り訂正いたします。会員各位及び関係者の皆様には、多大なご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。

誤 会誌編集員会 委員

池田勇太、内山一幸、嶋村元宏、平良聡弘、髙田祐介、寺尾美保、中元崇智、奈良勝司

正 会誌編集員会 委員

池田勇太、嶋村元宏、平良聡弘、髙田祐介、寺尾美保、中元崇智、奈良勝司

 

日本学術会議問題に関する明治維新史学会理事会声明

今般、日本学術会議が推薦した第 25 期新規会員 105 人の候補者のうち 6 人について、内閣総理大臣は任命しませんでした。

明治維新史学会理事会は、この件を学問の自由に関わる問題と捉え、日本学術会議による内閣総理大臣に対する次の要望を支持いたします。

1.2020年9月30日付で山極壽一前会長がお願いしたとおり、推薦した会員候補者 が任命されない理由を説明いただきたい。

2.2020年8月31日付で推薦した会員候補者のうち、任命されていない方について、 速やかに任命していただきたい。

 

2020年10月18日 明治維新史学会理事会

平成30年度 明治維新150周年若手研究者育成事業の研究成果発表会の開催について

 当会では、鹿児島県が主催する「平成30年度 明治維新150周年若手研究者育成事業」を支援しております。
ついては、下記のとおり研究成果発表会が開催されますので、ご報告いたします。

                 記
1 開催日時
平成31年2月2日(土)13時~17時 [開場]12時30分
2 会場
かごしま県民交流センター 県民ホール(〒890-0816 鹿児島市山下町14番1号)
3 入場料等
入場無料、先着590名

(1)研究成果発表
田口 由香氏「慶応期薩摩藩とイギリス政府・イギリス貿易商社との関係」
福元 啓介氏「安政期薩摩藩の財政と山産物仕法-日州御手山を中心に-」
山内 勇輝氏「幕末薩摩藩の洋学摂取と海防強化への実践」
(2) フォーラム「鹿児島の明治維新研究の展望」
パネリスト(安藤 保氏・佐藤 宏之氏・原口 泉氏)

詳しくは、県ホームページをご覧ください。
https://kagoshima-ishin.com/osusumeevent/平成30年度-若手研究者育成事業-研究成果発表会/

『静岡県近代史研究』第43号特別頒布のお知らせ

10月初旬に発行予定の『静岡県近代史研究』第43号の内容は以下の通りです。

************************************************
特集  原口清先生追悼号Ⅱ

・総会記念講演録
勝田政治氏 原口史学に学ぶ―『原口清著作集』(全5巻)の編集から―
・原口清先生遺稿より
明治維新史研究の一視点/岡田良一郎について/前島豊太郎について/静岡県   の100年をどう見るか
・原口清先生履歴
・原口清オーラルヒストリー : その人生と歴史学を語る
***************************************************

生前、原口先生に人生や学問についていろいろ語っていただいたことが、

今回おこされて「原口オーラルヒストリー」として掲載されます。

一般1500円のところ、会誌価格1200円(送料込)にて頒布していただけるそうです。

注文などは、

静岡県近代史研究会事務局長 小池善之 koike200392@yahoo.co.jp

へ直接お問い合わせください。

事務局移転のお知らせ

第48回大会の総会にて規約を改正し、事務局を明治大学落合弘樹研究室から神田外語大学町田明広研究室に移転しました。

事務局 〒 261-0014

千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1

神田外語大学 外国語学部

国際コミュニケーション学科 町田明広研究室

平成30年度 明治維新150周年若手研究者育成事業のご案内

昨年度に続き、当会では「明治維新150周年若手研究者育成事業」を支援することとなりました。50万円の助成金を3人程度の若手研究者に給付し、幕末薩摩藩の研究推進を図るという趣旨です。

応募書類の提出期限は平成30年5月14日(月)17時まで(必着)です。ふるってご応募ください。

詳しくは、県のホームページをご覧ください。

平成30年度 明治維新150周年若手研究者育成事業 | かごしま明治維新博公式サイト(鹿児島明治維新150周年)

フォーラム「福島の震災遺産と震災アーカイブズの構築」 のお知らせ

日時:平成30430日(月・祝) 13001700
会場:筑波大学東京キャンパス文京校舎 1階  120講義室
  112-0012 東京都文京区大塚3丁目291  東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅下車、徒歩3