2024年度 第54回明治維新史学会総会・大会の案内

明治維新史学会では以下のとおり、対面式で総会・大会を開催いたします。
懇親会も再開いたします。
多くの方の参加をお待ちしております。

【期日】2024年6月8日(土)・9日(日)
【会場】武蔵野大学・有明キャンパス 5―301講義室(確定)
   (東京都江東区有明3丁目3番3号)

【開催形式】対面式

・第1日目 6月8日(土)
【総 会】13時30分~
【公開講演】14時30分~16時
三谷博氏     
 明治維新研究への提言 ―世界比較と問題群―

【研究報告】16時10分~17時30分                       
①上村香乃氏
 嘉永・安政期の京都と幕府支配体制に関する一考察 ―京都警衛を素材に― 
        
【懇親会】18時~
 ロハスカフェARIAKE(武蔵野大学有明キャンパス)

・第2日目 6月9日(日)
【研究報告②】10:30~11:50
 大沼大晟氏
 幕長戦争期の藩領「境目」における地域社会と藩権力 
  ―広島藩領安芸国佐伯郡を事例に―  

【研究報告③】13:00~14:20
 今村直樹氏
 旧藩主家の西南戦争―細川護久を事例に―

【研究報告④】14:30~15:50
 高岡萌氏
 明治中後期における大名華族家の中等教育機関経営と旧制中学校政策 
  ―佐賀県を事例に―
 
【研究報告⑤】16:00~17:20
 西澤直子氏
 小幡篤次郎の歴史認識と近代社会構想

※研究報告では非会員の方からは資料代として300円をいただきます。ご了承ください。