明治維新史学会 の紹介

本会は、「明治維新および関連事項に対する研究の発展と普及をはかり、あわせて、その研究者相互の協力の促進を目的」(規約第3条)とする、日本学術会議協力学術研究団体です。  1980年5月、原口清・毛利敏彦・田村貞雄・千田稔・松崎彰の5人が打合せを行い、会の設立を広く全国に呼びかけることによって、同年11月、「廃藩置県研究会」が発足しました。1982年5月の総会にて「明治維新史学会」と改称し、現在に至っています。  この間、本会は「視野は広く理論性は高く、現実にはきびしく、かつ精細な実証的精神で、若い力をこの学会に結集し、大いなる学問的発展」(田中彰「会長就任にあたって」『明治維新史学会報』第14号、1989年)を目指してきました。そして、学閥・年齢・肩書きなどにこだわらず、おおらかな雰囲気のもとで会を運営し、大会や研究例会の開催、会報・会誌・論文集などの発行を行ってきました。本会の活動には、若手研究者の参加が多いことが、大きな特徴となっています。 【年間活動】 ・総会・大会の開催(6月) ・秋期大会の開催(10月もしくは11月) ・研究例会の開催(年9回程度) ・『会報 明治維新史学会だより』の発行(年2回) ・『明治維新史研究』の発行(年1回) ・ホームページの運用 会員数は402名(2011年1月31日現在)、年会費3,000円。入会に制限はありません。

【締め切りました】第53回明治維新史学会大会の案内および参加フォーム記入のお願い

※参加フォーム未記入の方でも、ご来場いただければ大会参加可能です(6月4日(日)注記)。

**********************************

明治維新史学会会員の皆様

コロナ禍により長らくオンライン大会が続きましたが、第53回大会はようやく「対面式」で開催できることになりました。
当日はぜひ会場の駒澤大学・駒沢キャンパスにお集まりください。

なお、会員に限りますが、ご来場いただけない方は「公開講演・研究報告」をオンラインで視聴することができます。
質疑参加が可能な双方向配信ではありませんが、大会の様子をご覧いただくことは可能ですので、必要な方はご利用ください(非会員は対面での参加のみ可能)。

大会準備の都合上、事前に参加形態(対面式/オンライン)についてお知らせください。
ご参加の方は、下記参加フォームに記入のうえご回答ください。

https://forms.gle/CuW6PtHKWgPtrCFY7

回答締め切り:6月3日(土)

どうぞよろしくお願いいたします。

※事前にお申込みいただかなくても、ご来場いただければ大会に参加可能です。

                       明治維新史学会大会運営委員会

【期日】2023年6月10日(土)・11日(日)
【会場】駒澤大学・駒沢キャンパス 三号館(種月館)2階3-207教場
   (東京都世田谷区駒沢1-23-1)

【開催形式】対面式

・第1日目 6月10日(土)
【総 会】13時30分~
【公開講演】14時30分~16時
渡辺尚志氏     
 幕末維新期における村と地域

【研究報告】16時10分~17時30分                       
①鈴木凜氏   
 義民像の形成・展開と幕末の民衆運動―佐倉惣五郎像を中心に―

【懇親会】なし

・第2日目 6月11日(日)
【研究報告②】10:30~11:50
 佐々木千恵氏
 江戸幕府直轄洋学所による諸藩への情報提供―新聞貸出をめぐる一考察―

【研究報告③】13:00~14:20
 高橋未来氏
 西南戦争期の諷刺画―近世近代移行期における諷刺表現の継承と変化、小新聞の視覚化―

【研究報告④】14:30~15:50
 木多悠介氏
 明治陸軍におけるシュタイン国家学導入の試みとその限界
              ―桂太郎の陸軍機構改革を中心に― 
【研究報告⑤】16:00~17:20
 伊故海貴則氏
 町村制下における町村合併問題と村の「輿論」―村会・大字・個人―

※研究報告では非会員の方からは資料代として300円をいただきます。ご了承ください。

例会のご案内(2023年5月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2023年5月13日(土)14:00〜18:00(予定)

会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会(大会準備報告会)

報告

・木多悠介氏
 「明治陸軍におけるシュタイン国家学導入の試みとその限界―桂太郎の陸軍機構改革を中心に―」 

・伊故海貴則氏

「町村制下における町村合併問題と村の「輿論」―村会・大字・個人―」

【参加方法】
・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。
※新規会員の方は、今年度の年会費をお支払い済みであることが条件となります。
・参加をご希望される会員の方は、5月11日(木)までに下記のリンクよりGoogleフォームにアクセスし、必要事項をご記入のうえご送信ください。
https://forms.gle/F1tMA6JH8y8DkStw6

※13日当日の正午頃までに、ご連絡いただいたメールアドレスへzoomミーティングのURLと報告レジュメのダウンロードURLをご連絡致します。
・なお、研究会中は、不正参加を防止するため、ビデオオフを禁止とします。悪しからずご了承ください。

以 上

2023年度 第53回明治維新史学会総会・大会の案内

明治維新史学会では以下のとおり、4年ぶりに「対面式」で総会・大会を開催いたします。
多くの方の参加をお待ちしております。

【期日】2023年6月10日(土)・11日(日)
【会場】駒澤大学・駒沢キャンパス 三号館(種月館)2階3-207教場
   (東京都世田谷区駒沢1-23-1)

【開催形式】対面式

・第1日目 6月10日(土)
【総 会】13時30分~
【公開講演】14時30分~16時
渡辺尚志氏     
 幕末維新期における村と地域

【研究報告】16時10分~17時30分                       
①鈴木凜氏   
 義民像の形成・展開と幕末の民衆運動―佐倉惣五郎像を中心に―

【懇親会】なし

・第2日目 6月11日(日)
【研究報告②】10:30~11:50
 佐々木千恵氏
 江戸幕府直轄洋学所による諸藩への情報提供―新聞貸出をめぐる一考察―

【研究報告③】13:00~14:20
 高橋未来氏
 西南戦争期の諷刺画―近世近代移行期における諷刺表現の継承と変化、小新聞の視覚化―

【研究報告④】14:30~15:50
 木多悠介氏
 明治陸軍におけるシュタイン国家学導入の試みとその限界
              ―桂太郎の陸軍機構改革を中心に― 
【研究報告⑤】16:00~17:20
 伊故海貴則氏
 町村制下における町村合併問題と村の「輿論」―村会・大字・個人―

※研究報告では非会員の方からは資料代として300円をいただきます。ご了承ください。

例会のご案内(2023年4月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2023年4月8日(土)14:00〜18:00(予定)

会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会(大会準備報告会)

報告

鈴木凜氏

「義民像の形成・展開と幕末の民衆運動—佐倉惣五郎像を中心に—」(仮)

佐々木千恵氏

「江戸幕府直轄洋学所による諸藩への情報提供—新聞貸出をめぐる一考察—」

【参加方法】

・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。

※新規会員の方は、今年度の年会費をお支払い済みであることが条件となります。

・参加をご希望される会員の方は、4月6日(木)までに下記のリンクよりGoogleフォームにアクセスし、必要事項をご記入のうえご送信ください。

https://forms.gle/FsMYo8hsi7XkY1Hs6

※8日当日の正午頃までに、ご連絡いただいたメールアドレスへzoomミーティングのURLと報告レジュメのダウンロードURLをご連絡致します。

・なお、研究会中は、不正参加を防止するため、ビデオオフを禁止とします。悪しからずご了承ください。

以 上

例会のご案内(2023年3月)

例会を下記のとおり開催いたします。

日時 2023年3月11日(土)15:00〜18:00(予定)
会場 ZOOMミーティングを利用したオンライン研究会(大会準備報告会)

報告
・高橋未来氏
「西南戦争初期諷刺画の検討―近世時事錦絵からの連続と変化、小新聞の登場―」(仮)

【参加方法】
・セキュリティ上の問題から、参加資格は「会員のみ」とさせていただきます。
※新規会員の方は、今年度の年会費をお支払い済みであることが条件となります。
・参加をご希望される会員の方は、3月9日(木)までに下記のリンクよりGoogleフォームにアクセスし、必要事項をご記入のうえご送信ください。
https://forms.gle/JRRj54qxXcJuworR9
※11日当日の正午頃までに、ご連絡いただいたメールアドレスへzoomミーティングのURLと報告レジュメのダウンロードURLをご連絡致します。
・なお、研究会中は、不正参加を防止するため、ビデオオフを禁止とします。悪しからずご了承ください。

以 上

イベントのご案内(2023年3月)

シンポジウム 「歴史学からみた近現代日本の『公葬』」(中央大学特定課題研究「天皇裕仁の大喪儀にみる第二次世界大戦の記憶」主催)、2023年3月24日(金)、13:00~17:00、明治学院大学白金キャンパス本館2階 1253教室(ZOOM配信あり)、要参加登録、参加無料。詳細とお申込みはこちら(https://forms.gle/LKVWBgyvS5rwL3W59)から(3月22日(水)締切)。お問い合わせ:宮間純一、ich057108*gmail.com(*印のかわりに@をいれてください)。

『明治維新史研究』第21号

『明治維新史研究』第21号が2022年5月1日付で刊行されました。

第五〇回明治維新史学会創立四〇周年記念大会 特集号

第一日目 学会四〇年の歩み ―明治維新史学会の果たした役割―
【記念講演】
木村 直也「学会の歩みの概要」
家近 良樹「四一周年を迎えたいま思うこと」
佐々木 寛司「戦後思想史のなかの歴史学ー明治維新史研究を中心として」

第二日目 シンポジウム「近世史研究・近代史研究からみた明治維新」
【趣旨説明】

創立四〇周年記念大会準備委員会「シンポジウム「近世史研究・近代史研究からみた明治維新」開催にあたって」

【研究報告】
小関 悠一郎「近世日本の政治理念とその変容 ―「仁政」・「富国」理念を中心に―」
塩出 浩之「東アジア近代史の中の明治維新ー外国人の安全と自由から考えるー」
羽賀 祥二「十九世紀史のなかの明治維新」

【個別討論・全体討論】

『明治維新史研究』第20号

『明治維新史研究』第20号が2022年3月1日付で刊行されました。

[論文]

辻岡 健志「「信教自由」と真宗僧侶ー真宗同盟総代の大教院分離反対運動をめぐって」                

寺尾 美保「大名華族の旧領地における鉱山警衛ー明治前中期の島津家を事例として」                

[本会創立40周年企画「明治維新史学会創立四〇周年に想う]

高木 不二「私と明治維新史学会」          

勝田 政治「明治維新史学会の思い」

羽賀 祥二「維新史学会を顧みて」

青山 忠正「明治維新史学会の思い出」

[書 評]

山口 亮介「明治維新史学会編『明治維新史論集二 明治国家形成期の政と官』」                 

久住 真也「三宅紹宣著『幕末維新の政治過程』」             

上田 長生「今村直樹著『近世の地域行政と明治維新』」 

崎島 達矢「三村昌司著『日本近代社会形成史ー議定・政党・名望家』」              

[新刊紹介]

安部 玄将「上條宏之著『木曽路民衆の維新改革ーもうひとつの『夜明け前』ー』」      

亀尾 美香「山崎香著『正議隊事件ー幕末維新期における松前藩の政争ー』」        

笹部 昌利「力武豊隆著『月形洗蔵ー薩長連合その先駆者の背景ー』」

イベントのご案内

・熊本博物館企画展「熊本城と明治維新―藩から県へ、そのとき城は?―」、2023年2月11日(土)~3月19日(日)、熊本博物館(熊本市中央区)、観覧料400円(大人)。詳細はこちらから。 問い合わせ:kiyama.takamitsu*city.kumamoto.lg.jp(*の代わりに@を入れてください)(熊本博物館)

『明治維新史研究』23号ご投稿のご案内

来年度発刊予定の『明治維新史研究』23号に掲載します投稿論文、研究ノートの締め切りは2023年1月31日(火)です。本日、1月24日ですので、締め切りまであと1週間です。ご投稿される際、まずはそのご意思を、会誌編集委員長の笹部昌利までメールにてご一報ください。 メールアドレスは『明治維新史研究』近号の表紙裏の会告欄にございます。皆様奮ってご投稿ください。よろしくお願いいたします。

◎投稿規定
1 投稿資格としては、会員であることが必要です。
2 原稿は400字詰に換算して次の枚数とします(文字数カウントではなく、印字したレイアウトによります)。
論文    60枚程度
研究ノート 40~60枚
史料紹介  40枚以内
書評    20枚以内
新刊紹介  10枚以内
*図・表・注などは右の枚数に含みます。図・表などB5判1頁分を4枚と換算します。
3 右記以外の原稿でも、編集委員会が適当と判断したものは受理します。編集委員会で検討して掲載の可否を決定し、通知します。
4 原稿は、会誌のレイアウトに合わせた32字×25行×2段、または40字×30行で設定しA44判に印字してください。
5 注は(1)(2)……のように通し番号を付して、文章末に一括して記載してください。
6 写真(モノクロ)の掲載も可能です。原則5点以内とします。
7 図・表・写真などは、おおまかな掲載場所を指定してください。できるだけ掲載原版に使用できるものを添えてください。
8 投稿原稿は原則として1月末までにお送りください。編集委員会の責任において査読し、結果を通知いたします。
9 掲載論文の転載は、掲載後1年間は見合わせてください。
10 論文などには800字程度の要旨を付してください。原稿はプリントアウト(コピー)したもの3部を郵送してください。郵送先は〒603-8555京都市北区上賀茂本山京都産業大学第2研究室棟505研究室 笹部昌利宛て。また同時にデジタルデータ(できればWORD文書で!)をメール添付でお送りください。繰り返しますが、メールアドレスは『明治維新史研究』近号の表紙裏の会告欄にございます。なお、原稿は原則として返却いたしませんので、ご了承ください。